金融財政事情研究会

お知らせ
6件のお知らせがあります

  • ファミリーマート店頭のマルチコピー機 メンテナンスのお知らせ

    2月19日(月)2:00~5:00の間は、ファミリーマートでのチケットの発券ができず、お支払いができませんのでご注意ください。

  • ローソンならびにミニストップ店頭のLoppi メンテナンスのお知らせ

    2月19日(月)0:30~5:00の間は、ローソンならびにミニストップでのチケットの発券ができず、お支払いができませんのでご注意ください。

  • 試験3種目休止のお知らせ

    次の通り、3種目の試験を休止します。

    【休止】

    金融業務2級 海外進出・取引コース=最終受験日2024年3月31日

    金融業務2級 財務戦略コース=最終受験日2024年3月31日

    AML/CFTスタンダード・証券コース=最終受験日2024年6月30日

    休止に伴い、最終受験日の翌日以降は上記3種目の受験はできなくなりますが、過去の試験結果等は引き続きご確認いただけます。

    なお、AML/CFTスタンダード・証券コースにつきましては、2024年7月1日以降、AML/CFTスタンダードコースをご活用ください。

  • サステナビリティ・オフィサーは「環境省認定制度 脱炭素アドバイザー ベーシック」に認定されました

    サステナビリティ検定「サステナビリティ・オフィサー」 は2023年9月26日、環境省から「環境省認定制度 脱炭素アドバイザー ベーシック」の認定を受けた旨公表されました(認定日:2023年10月1日)。 

    2023年10月1日以前に「サステナビリティ・オフィサー」を合格された方は、補足教材による自主学習後に、「環境省認定制度 脱炭素アドバイザー ベーシック」 の資格を取得することができます。詳しくは、金融財政事情研究会検定センターWebページ(https://www.kinzai.or.jp/kentei/41672.html)をご覧ください。

  • 新たな受験ルール導入に関するご案内

    金融業務能力検定およびサステナビリティ検定について、新たに受験可能期間(受験申込日(※1)の3日後以降の受験できる期間)が設定することになりました(受験日の変更に制限が設けられました)。受験者様、団体とりまとめ担当者様におかれましては、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

    ・2023年3月31日までに受験申込をした場合:受験可能期間は、受験申込日の3日後から、2024年3月31日まで
    ・2023年4月1日以降に受験申込をした場合:受験可能期間は、受験申込日の3日後から、当初受験申込日の1年後まで
    ・これまで通り、受験日の変更・キャンセルはマイページから、受験日の3日前まで可能です。ただし、受験可能期間を超えた日付への変更はできません。受験可能期間中に受験(またはキャンセル(※2))しないと、「欠席(※3)」となります。
    ・とりまとめ条件に基づいて受験する場合(=団体申込)も、新たな受験ルールは適用されます。
    ※1 受験申込の手続をマイページで行った日であり、受験日ではありません。
    ※2 受験申込後のキャンセルに係る払戻しについては、キャンセル料(受験手数料が10,000円未満の場合は1,100円(税込)、10,000円以上の場合は受験手数料の10%+消費税相当額)が発生します。
    ※3 欠席の場合、受験手数料の返金はありません。

  • 「マイページのログインID・パスワード」管理徹底のお願い

    同一金融機関内の受験者様の間で、類似した「マイページのログインID・パスワード」を使用しており、誤って他人の「マイページのログインID・パスワード」を使って、当該他人の受験申込をしてしまったという事例が発生しています。受験者の皆様におかれましては、次の注意をしていただきますようお願い申し上げます。なお、「マイページのログインID・パスワード」は、マイページHOME画面上の「登録情報管理へ」から、受験者様ご自身で変更できます。
    ①「マイページのログインID・パスワード」を受験者様個々人で適切に設定すること
    ②社内の共用パソコンからお申込の場合は、「マイページのログインID・パスワード」をパソコンに記憶させないこと